注射だけで希望を叶える|ボトックス治療で小顔を目指そう【肝心なのはクリニック選び】

ボトックス治療で小顔を目指そう【肝心なのはクリニック選び】

注射だけで希望を叶える

レディ

勘違いせず正しい知識を

注射するだけで小顔効果が得られる事で知られているボトックス治療は、美容整形外科クリニックなどの美容医療機関で受ける事ができます。整形の施術はメスを使用したり傷跡が残ったりなどのイメージを払拭する画期的な施術方法です。受けるメリットは多いですが医療施術であるので良い面以外にも知っておくべき事はあります。注射するだけの治療方法で手軽なので、小顔整形を希望する場合はボトックスにすれば良いと考える方もいます。ボトックス治療は美容整形術の1つであり、万能な方法ではありません。この施術方法が適している方も適していない方もいます。そもそもボツリヌストキシンという薬剤の効能は、脳から筋肉への神経伝達を遮断する事で筋緊張を和らげるものです。つまり筋肉の発達や過度な筋緊張が原因である場合がボトックス治療の出番になります。顔が大きく見える要因には脂肪やむくみ、エラの張りが挙げられます。エラの張りは筋肉だけではなく骨格が原因である場合もあります。脂肪やむくみに対してはこの治療方法では作用機序から改善は見込み難いです。その悩みの原因に対して適した治療方法があるので、ボトックス一択ではなく自分に合う方法を医師と検討していく事が大切です。小顔希望で美容整形外科クリニックを利用した際に、筋肉が顔を大きく見せる原因である場合はボトックス治療が手軽で身体に負担のない治療方法としてあります。注射した部位の神経伝達を抑制し、筋肉の働きを抑える効果があります。ボトックス治療はボツリヌストキシンという薬剤を注入する治療方法です。薬剤注入には注射によって行います。小顔希望で施術を受ける際は当然顔の気になる部位に注射をする事になります。顔は神経が多くある部位であり、痛みを感じる神経も他の部位より多くあります。ボトックス注入で使用される注射針は、採血や点滴で使用される針と同様の痛みは感じる事になります。それでも顔は痛みを感じやすいので麻酔が使用され、痛みは軽減されます。施術時間は状態によりますが平均5分ほどで痛みはチクッと感じる程度なので耐えられない痛みではありません。注射する治療方法なので当然医師の腕次第の面もあります。また痛みを感じるのも皮膚の厚さや筋肉の厚さによって異なります。ボトックス治療を受ける際には必ず事前にカウンセリングが行われ、施術方法について詳しく説明を受けられます。担当の医師に自身が受ける際の痛みについても確認しておくと安心です。以上の様にボトックス注射は、他の注射と同じ位の痛みです。顔は痛みを感じやすい部位なので塗布麻酔を使用するなどの配慮をしてくれます。