ボトックス治療で小顔を目指そう【肝心なのはクリニック選び】

切らずに美容効果を得れる

ウーマン

気になる費用を抑えたい

小顔整形は昔から美容整形外科で行われており、多くの方がその存在は知っています。受けるのに躊躇していた原因には、メスを使って切開したり二度と元に戻せなかったりというイメージがあり、覚悟が必要であった背景があります。現在はボトックスという手術を必要としない、手軽で簡単なプチ整形術があり、受ける方が増えています。ボトックスという治療方法は、ボツリヌストキシンという筋肉への神経伝達を遮断する効果のある薬剤を注入します。注射針で気になる部位に打つだけの方法であり、手術を必要としません。小顔目的の場合、エラが張っている事や皮膚のたるみが顔を大きく見せる原因である際、効果を発揮します。エラが張る要因には骨格以外に咬筋が発達している事も原因です。筋肉の緊張を和らげる事で徐々に筋肉を痩せさせていき、エラの張りを小さくしていく事になります。この治療方法は永久的な効果はなく、持続期間は半年ほどになります。その後は徐々に元に戻るので継続して施術を受ける必要はあります。逆に元に戻る事は大きな特徴であり、二度と戻らないわけではないので戻したい場合は受けない様にするだけで良いのです。こうした機能機序から、手軽に受ける事ができる美容整形術として全国に広がっています。ボトックス治療で小顔効果を得た場合、半年ほどで効果は低下していき元に戻っていきます。その為、効果を継続して得たい場合は定期的に施術を受ける必要があります。美容目的の治療は原則保険が使えず全額自費になりますので、継続して受けるには費用面も考慮する必要があります。費用を抑える方法として、使用する薬剤をジェネリックにする事で、正規品と比較して半額以上安くできます。この正規品というものはアラガン社製のボツリヌストキシンを言い、厚生労働省が唯一安全を認めているものです。ジェネリックは正規品と成分や効果も同じですが、製造元が違うものです。副作用も同じと言われていますが実際は添加物の含有量など正規品とは少々異なる部分もあります。ボトックス治療は副作用のない安全な治療方法と言われていますが、その安全保証は正規品に限る事を理解しておく必要があります。医師から説明を受けて納得できるならジェネリックのボツリヌストキシンは、費用負担軽減の強い味方と言えます。小顔目的で受けるので当然顔に注射します。顔には多くの神経や血管が集中している部位であり、注入量や打つ部位も正確でないと危険です。顔は人間の部位の中でも特別であり、安全については十分に確認しておく必要があります。